2017/08/28

『表現規制10年史-「非実在青少年」からマンガを守れ』のお知らせ

2008年からスタートした近年の表現規制問題は、10年近い時を経て様変わりしました。
活動を始めた当初は、創作物規制の話をするだけで嫌がられたり、「(漫画など)けしからん」と叱られるといった事もありましたが、最近は表現規制に反対してくれる議員も多くなりました。
表現規制に反対の声を上げる団体もいくつか生まれ、2008年当初より、裾野が広がってはいるように感じております。
ただ、10年近い時の流れは大きく、2008年頃の状況はもとより、2010年の東京都青少年健全育成条例の改正、
いわゆる「非実在青少年騒動」も詳しくは知らないという方も少なくありません。
そこで今回は、東京都健全育成条例の改正やその後の審議会に関わってこられた前都議会議員あさの克彦さん、
この問題を継続的に取材されている「マンガ論争」編集長の永山薫さんをお招きし、裏話を交えながら、この10年を振り返ってみます。

日時:9月18日(月・敬老の日)13:30~16:00(開場13:15)
会場:角筈地域センター会議室AB 【西新宿】

(京王バス:新都心循環バス パークハイアット東京前下車 徒歩1分
京王線:初芝駅 徒歩10分
大江戸線:都庁前駅下車(A5出口) 徒歩10分)
出演:あさの克彦 氏 (前都議会議員)
永山薫 氏 (評論家)
主催:コンテンツ文化研究会
参加費:無料
定員:50名

(イベント自体は予約必須ではありませんが、懇親会参加希望者は予約と懇親会への申し込みをお願い致します)